SiteMap

圧着ハガキを使ったDMを依頼する時の部数

圧着ハガキの開封口

費用対効果を考えたダイレクトメールを送付したい時は、開封率の高さを誇る圧着ハガキの活用を考えておくと良いでしょう。見栄え場よく、インパクトのある圧着ハガキを活用したDM作成は専門業者に依頼をすることになりますが、部数に対して不安を感じる人もいるでしょう。フルカラーで写真を多く掲載したDMなどを作成する場合は、1000部以上などまとまった部数を注文しなければいけないのではないかと考えてしまう人は少なくありません。しかし、何部から依頼をすることができるかは、選ぶ業者によって異なります。100部など少部数から依頼できる業者もあるため、圧着ハガキを使ったDMの作成を考えているのであれば、作りたい部数に対応している業者を探すところから始めてみると良いでしょう。

圧着ハガキ作成は、部数が多いほど割安となります。そのため、少部数を選んだ場合、印刷をする費用は多少割高となりますが、見栄えが良くインパクトのあるDMを送付したいのであれば、圧着ハガキという選択肢を検討しておいて損がありません。二つ折りや三つ折り、サイズなどにこだわっておけば、インパクトが強くより開封率が高いDM作成をすることができるようになるでしょう。

Topics

圧着ハガキの開封口

圧着ハガキを使ったDMを依頼する時の部数

費用対効果を考えたダイレクトメールを送付したい時は、開封率の高さを誇る圧着ハガキの活用を考えておくと良いでしょう。見栄え場よく、インパクトのある圧着ハガキ…

MORE ▶